• いい野菜.comのトップページ
  • 私たちについて
  • 土の食養生
  • 作物別実例
  • 農業資材
  • 作物・生産者情報
  • 農業経営実例
01お知らせ
ホーム > お知らせ

お知らせ

ネマコート(S)販売終了のお知らせ

 長年、お使い頂いてきたネマコート(S)は原材料の確保が困難になり、

残念ながら販売を終了いたしました。

ご愛顧有り難うございました。

 

2011年4月 一部リニューアルしました

e-yasai.comは、昨年4月に全面リニューアルしてから、4月で丁度2年目を迎えました。

この間、昨夏の全国規模の異常気象、今年3月の東日本大震災、原子炉事故など歴史に残る大災害が次々と襲いました。その被害、影響は人間の英知と力を遙かに超え、国民に無力感さえ与えました。特に原子炉事故は土壌(自然環境)を基盤とする一次産業に極めて深刻な被害を与えています。日本の農業人が今後の切り札として営々と築いてきた「安全性」への信頼は、一瞬にして吹き飛んでしまいました。
 
しかし、この大震災のニュースが全世界に発信され、日本社会の「秩序と助け合い」は海外の人々に感動を与え、称賛されています。日本無くしては「世界のモノ作り、経済の安定」に支障が出る事も各国の共通認識となっています。日本は我々が日常、感じている以上に世界との絆が深まり、貢献しているのです。
 
最近、当ホームページは海外、特にアジア圏からのアクセスが増えています。日本の農業に関心を持つ人達が増えている証でもあります。日本はODAなど多額の資金を使って、世界の途上国に食糧生産向上に貢献してきました。その中で今後、経済成長著しいアジア諸国は徐々に量から質に転換して行く事が予想されます。高い技術力を持つ日本は自国だけではなく、将来的にこれらの地域にも目を向けることが重要です。特に若手農業人は世界の潮流を見失うことなく、縮小する国内消費を補う手段として、今から準備を進めなければなりません。現在、日本の経済成長を支えているのは、海外に展開している企業が多く、この流れは農業分野にも及んでくるでしょう。
 
勿論、海外展開は国内の空洞化を促すとの懸念もあります。しかし、従来の内向き姿勢、生活保障的な守りの政策ばかり続けていていては、一時的には良いでしょうが将来の展望は開けません。活力ある人材もビジネスも育ちません。
どういう形にしろ、方向性が見えてくれば投資やビジネスが盛んになり、人材が育ち、この分野に求心力が働いてきます。
この1年、消費減少と自由貿易時代を迎えてどう対応して行くか、流通を含めて多角的に考えてきました。今後の日本の発展を前提に考えれば、農業も更なるグローバル化を覚悟しなければなりません。自由貿易の先輩EU圏、とりわけ農業大国フランスの状況について、ブログで度々お伝えしてきました。私の目には、EU統合は停滞した域内の経済を活性化し、農業も全体的に大きなメリットがあったと感じています。反面、大農、小農二極化政策は毒にも薬にもなっていると思います。すべてがハッピーというわけには行きません。試行錯誤で修正を重ねながら、進化して行くでしょう。
 
日本農業もそれぞれの持ち味を生かしあいながら、バランスを保ちつつ全体として発展する枠組みが求められます。今後、優秀な技術を海外の人達にも使って頂き、利益を共有するシステム作りが必要と思います。少子高齢化、需要減少社会では、日本単独での解決では限界が来ています。需要が減れば誰も発展できませんし、社会に元気が出ません。
国内では地方コミニティー農業(地産地消など)の再構築を進め、アジア圏全体で技術力を生かして高付加価値農業の展開をリードする取り組みが必要と思います。
 
今後のテーマとして、世界最大の人口を擁し、経済躍進著しい食糧消費大国、中国の実情についてレポートを計画しています。
 
 
平成23年4月18日
e-yasai.com編集人

 

 

e-yasai.comリニューアルにあたって

当e-yasai.comは平成12年に立ち上げてから、今年(平成22年)で満10年を迎えました。当初から予想を超えるアクセスを頂き、特に流通関係のNEWSを更新した時にはアクセス数が増加し、この分野への関心の高さがうかがえました。

10年が経ち、農業、消費地を取り巻く環境は大きく変わりました。
最近多い問いかけ「何を作ったらいい?・・・採算価格で売るには?」は、内需縮小に直面している多くの企業が抱えている問題でもあります。「美味しい、新鮮、珍しい、安心、安全」などの切り口で売れた時代は作る目標がありましたが今や「低価格」が大前提となりました。元々高コスト構造の中、自然を相手にしたリスキーな農業には更に辛い時代です。
e-yasai.comは、当初「四つの安」を提唱し、「競争力のある農産物の生産から販売までのサポート」を念頭にスタートしました。しかし、実際に取り組んでみると販売の壁は予想以上に厚く、限られた経営資源、時間の中でこの分野への切り込みは一筋縄では行かない事が解りました。産地と売り場を頻繁に往復し、当時次々と立ち上がった農産物関係サイトなどにも加入しチャレンジしました。しかし生鮮品の持つ特有の難点、産地と売り場で目まぐるしく変わる需給ギャップは、再生産価格維持を前提とした販売では対応不能の場面があり2006年、一旦NEWS欄の書き込みを休み、双方の再整備に専念することにしました。
しかし、この5年間に次々と起こった資源高、異常気象、金融危機、消費減少など大きなうねりは我々の努力の範疇を超え、未だ先が見えてきません。
10年前と比較するとインターネット環境は格段に進歩し、農村部では世代交代が進んで閲覧人口は飛躍的に伸びています。電子商取引金額は7兆円を超え、全百貨店の売上高を抜く勢いと伝えられています。農産物も産直は勿論、通販会社、量販店、コンビニ迄がネットで注文すれば、指定の時間帯に宅配可能な時代が来ています。
また2009年は歴史的な政権交代があり、今後の農業政策が基本的に変わる可能性があります。
2010年代は、競争力のある商品を作ることは勿論、大きく動く外部環境に合わせて自分のポジションを的確に把握し、コントロールして対応して行くことが求められます。
 
今回、過去10年間の変化を整理、検討し、今後10年の方向性を考えるツールとしてe-yasai.comを全面リニューアルしました。
 
(コンテンツ)
   土の食養生
私たちの作物作りの考え方の原点をイラストと文章で解説しています。
   作物別実例
具体例を作物別にポイント、土作り、元肥施肥、連作障害対策、潅水、葉面散布に分けて例示しました。
   農業資材
土作り、肥料、液肥、葉面散布、植物保護液、培土、シードテープ、その他の資材を、JAS有機などのこだわり栽培から、低コスト大規模栽培用まで巾広く対応できる様に商品を厳選、揃えました。品質と収量向上、連作障害対策など過去の豊富な事例から、状況に応じて最も効果的、効率的な方法をサポートいたします。
   作物、生産者情報
e-yasai.comがサポートしている生産者の流通関係者向け情報ツールです。掲示していない商品も多数ありますので、ご興味がありましたら是非、お問い合わせ下さい。
■農業経営実例
各地生産者の取り組みを経営改善の視点から紹介しています。産地、消費地を歩きながら集めた生情報を順次、紹介いたします。
 
平成22年4月
サイト管理者|日本マックランド株式会社
メール相談はこちらからどうぞ!|農産物の栽培・生産方法から流通、販売に至るまであなたの真剣なご相談歓迎します。
Googleサイト内検索
私たちが自信をもっておすすめするとびっきり美味しい野菜・果物のオリジナルブランド
現在、そしてこれからの日本の農業と食を考える。
  • 作物別実例