• いい野菜.comのトップページ
  • 私たちについて
  • 土の食養生
  • 作物別実例
  • 農業資材
  • 作物・生産者情報
  • 農業経営実例
ブログ
ホーム > ブログ > これからのトレンド(5)中山間地の米

これからのトレンド(5)中山間地の米

米の生産量は慢性的に過剰だが、このまま減反を続けていては田圃が荒れ、地域社会が崩壊するなどという指摘がある。大規模化や技術進歩で海外との品質・価格競争力は一部生産者については少し高まってはいるが、全体としては非常に厳しい。特に、高齢化で栽培維持が限界に来ている中山間地は、環境ボランティア等が再生への道を探ってはいるが、住民の減少が続く限り解決策は限られる。

 

大規模化が進めやすい地域は、離農者の農地を統合して、これからも規模拡大が進んでゆくと思われる。問題は効率化が出来ない中山間地である。農地と言うより国土環境保全という役割を担っているこれらの地域は、異常気象が多発している状況下で、対策が急がれる。中山間地農業の取り組みについてはいろいろ事例が多い。しかし、地域住民が意欲を持って取り組み継続して行けるかどうかは心許ない。

旧来の枠組みの中で組み立てられ、目先は少し変わっても、根本的な問題はあまり解決されていない例は多い。今、重要なのは従来の行政や組織主導だけではなく、外部の人材や知恵を積極的に取り入れて、マーケットを含めて総合的に組み立て直し、地域住民の意欲、活力を引き出すことにある。閉鎖的な村社会では組み替えは難しいが、誰かがチャレンジし、成功し、そのモデルを広めて行かねば、停滞したままで未来は見えてこない。

 

岐阜県飛騨の農業会社A社は典型的な中山間地農業を基盤として経営されている。7年前に白ネギの栽培を始め、紆余曲折はあったが、品質の良さが認められて面積を拡大し、今年は5㌶栽培する。しかし、これ以上拡大すると、分散している圃場の管理に手が回らず、効率が落ちるので当面、この面積が限界である。今後は拡大ではなく、品質と収量の向上に重点を置いて収益を高める。当初から有機農業に軸足を置いているが、ポイントでは化学肥料と農薬を使い、安定生産を基本としている。

 

今後の成長作物として取り組んでいるのは「米」。

効率の良くない中山間地で需要が減っている米に取り組むのは一般的には?である。しかし、状況を冷静に分析してみれば、やり方によっては大きなチャンスがある。中山間地は一般的に水質や土質が良く、昼夜の寒暖差が大きいため味の良い米が作れる。その為、高齢になっても何とか米だけは作ってきた農家が多い。だが、それもいよいよ限界に達した。これから優良農地を含めて流動化が進み、それを生かすノウハウを持った生産者はチャンスとなる。

 

社長のFさんは他業界からの中途就農、農業に固定観念を持たない。彼は技術屋出身、自分で論理的に考えたことを試行錯誤を繰り返して、完成度を高めている。彼の米作りの哲学は「おいしい米は売れる」。中山間地の不利な条件で栽培で収益を上げる事は厳しいが、彼が辿り着いた結論は栽培から販売まで「一気通貫型農業」。全部自分の納得できる組み立てをして品質、コスト競争力を高め、販路を自分で開拓する。農機具は無理をしないで飛騨の田圃に合ったタイプを用意、乾燥機、色彩選別機など品質保持に必要な設備は自前で揃えた。償却面積は20㌶超だが、今年の作付は12㌶。余力は請負でカバーする。

 

販売先は個人客では限界があるのでレストランなど業務用を開拓した。業務用飯米も品質、価格競争が厳しいが、おいしい飯米の引き合いは強い。マーケットの要求に耐え得る品質を毎年維持しているので、再生産価格以上での販売に問題はない。

 

更に競争力を強化するため、昨年から一発施肥でおいしい米を作る栽培試験を始めた。品種は「こしひかり」を使っているが、「良食味」を安定させるため化成肥料と副資材(硅酸石灰等)合わせて10㌃約1万円をかけていた。小面積の圃場では複数散布では手間がかかり、更なる面積拡大を視野に入れると、一発施肥が前提になる。

昨年、開発した硅酸や石灰、ミネラルを含む燐酸、加里、苦土肥料、中和有機燃焼灰(ネオアッシュ)をベースに化学肥料を配合したPK配合(12-18-14)を一発肥料として試験した。

 

窒素施肥量は従来基準に合わせたが、根張りが良くなるためか生育が対照区より旺盛になり、結果的に出来過ぎた。しかし、収量は30kg/程度多く、食味についてはレストラン関係者から「非常に美味しい」と高い評価が出た。同様な試験を北海道でも行ったが、生育状態、収量、食味について同様な評価が出た。

試験した生産者は今年は施肥量を1015%、減らしても良さそうだと話していた。

 

資源高と円安傾向で肥料価格が再び上昇の気配を見せている。中和有機燃焼灰は国産で為替の影響は受けにくい。従来の化学肥料は国際相場や為替の影響をまともに受けるので、価格高騰リスクがある。メーカーとタイアップして販売から輸送までを見直し、安価、安定供給への道筋を付けたいと考えている。

PK配合(12-18-14)は地域限定でテスト販売する予定。詳細はお問い合わせ下さい。

 

◆コメントする





サイト管理者|日本マックランド株式会社
メール相談はこちらからどうぞ!|農産物の栽培・生産方法から流通、販売に至るまであなたの真剣なご相談歓迎します。