• いい野菜.comのトップページ
  • 私たちについて
  • 土の食養生
  • 作物別実例
  • 農業資材
  • 作物・生産者情報
  • 農業経営実例
ブログ
ホーム > ブログ > 夏秋野菜の見通し(消費地編)

夏秋野菜の見通し(消費地編)

北海道の量販関係者は、道内消費はどん底が続いているから、これ以上は落ちないだろうと自嘲気味に語る。昨年の高値から単価はそこそこで維持しているから今の所、売り上げは目標には届いていないがそれ程悪くはないようだ。夏秋野菜の道外出荷は、産地、消費地共に変動要因が大きすぎて、その時でないと見積書が書けないという。

東京の販売関係者Sさんは「放射性物質」問題が重荷で、先行きは読めない。様子を見ながら商売してゆくしかないと言う。特に関東圏の野菜産地に再び基準値以上の「放射能検出」ニュースが流れたら・・・と警戒する。

近所の量販店は年金支給日、給料日後を除けば相変わらず、活気がない。一方、駅構内で地場野菜を中心に販売している青果会社は「毎日お買い得」で繁盛している。地元産が中心だから鮮度も良い。葉物、果菜類、果実類が店に山積みになっている。小規模こだわりは、店舗、引き売り、宅配も増え、競争が激しくなってきた。「売れない」環境でどう売るか・・・あの手この手の模索が続いている。

 

自動車産業(トヨタ)回復で中京圏は以前の活気を取り戻しつつある。名古屋駅前のグルメ街はサラリーマン客で繁盛している。この一角はB級グルメ街と呼ぶ人もいるが、安くて美味しい店が多い。

量販店は相変わらず、熾烈な価格競争の実態は変わっていない。何処でこんなに安く仕入れるのかと思う野菜が特売で並ぶ。渥美、知多、岐阜、長野など周辺には産地が多い。東京、大阪で余った野菜が名古屋に集まり、処分されるという裏話もあるが市場価格は確かに安い様だ。市場買いで相場の安い時の「安売り」は理解できるが、生産者と値決め契約している競合店は厳しい。担当者の話では、トマトの様に味で差別化できる商品も売価を下げて売る。競合店がそれ以上安くても味が良いことを知っているお客様は、喜んで買ってくれるから売れ残らない。青果はロスを出さないことが鉄則と言い、この方針は曲げていない。

 

JAS有機野菜など「安全、美味しい」がコンセプトの店舗責任者は、この所の不況で「安心、安全」は神通力が後退、客足が2割落ちたと言う。通常量販店でも安全イメージの看板として有機野菜を置く店が増え、専門店は有機にプラスする別のコンセプトが求められている。プラスキーワードはこの店にしか売っていないオリジナル商品。毎回チョビチョビではなく、1回にまとめて買って頂く割安提案が売り上げを伸ばしていると言う。箱売りのフルーツトマトなどは可能性がある?

 

都内でホテルや高級レストランに野菜を卸している業者は、6月に入って4月、5月の最悪期は脱したと話す。都心の高級レストランは(金)(土)の週末は忙しいが、ウィークデーは厳しい。病み上がり、まだ本調子ではない。

 

博多で8年ぶりにお会いした業者に最近の傾向を聞いてみた。

「状況は8年前とは様変わりしています。当時はシェフ達が、美味しくて珍しい物があったら何でも紹介して下さいという時代でした。実際、高価な食材でも使ってくれました。ところが今は、経営権が外資に移ったホテルが増え、殆どが見積もりです。品質はあまり関係なく価格優先です。トマトは普通のトマトでOKという感じですね・・・。全部のホテルとは言いませんが、メニュー単価から食材単価が決まり、徹底的に詰められますから厳しいです。もっとも、最近の宿泊客は街で夕食を楽しむことが定着していますから、朝食用か結婚式や会合などの需要がメインです。ホテルと言っても提供単価が高く設定できませんからお互いに大変です。和食は見積なしで食材にこだわる料理人が多いのでまだ張り合いはあります。博多は屋台文化の街ですが、屋台が規制され家賃の安い路地裏?でイタリアンやフレンチ、スペイン料理店などが増えています。彼らはコストよりも料理人のプライドにかけて食材にこだわるから、付き合うのが楽しいですよ」

小生は博多の路地裏?レストランのファンで、九州の帰りに必ず博多に立ち寄る。前回は和食、前々回はスペイン料理。ビックリするレベルの高さと勘定の安さは食を大切にする「博多っ子」の心意気が支えている。

 

◆コメントする





サイト管理者|日本マックランド株式会社
メール相談はこちらからどうぞ!|農産物の栽培・生産方法から流通、販売に至るまであなたの真剣なご相談歓迎します。