• いい野菜.comのトップページ
  • 私たちについて
  • 土の食養生
  • 作物別実例
  • 農業資材
  • 作物・生産者情報
  • 農業経営実例
ブログ
ホーム > ブログ > 中国河南省「農業と食」見聞録(4)  活気ある農関連業界

中国河南省「農業と食」見聞録(4)  活気ある農関連業界

農業資材展示会1

【展示会】

農業が上昇トレンドを続ける中、それを支える資材業界も活気がある。日本も成長期には、各地で農業資材や農機具展示会が盛んに開かれていたが、近頃は、めっきり数が減った。
たまたま、鄭州市内で定期的に開かれている肥料展示会があるというので出掛けてみた。
広大なイベント会場には屋内、野外を含めて数百社のブースがあり、見学者で大変な賑わいであった。
ざっと見た所、化成複合か発酵鶏糞入り有機化成が多い。日本企業と製造や販売提携している会社もあり、売り込みは熱を帯びていた。

農業資材展示会2

会場では爆竹が鳴らされ、ブラスバンドが派手にドンチャン、ドンチャン。次から次へと民族衣装をまとったモデルさん達が登場し、各社のプラカードを持って練り歩いていた。
中国は派手なイベント大好き民族。展示会=お祭といった雰囲気で、「国の勢い」を象徴していた。

農業資材街

【農業資材街】

郊外には大通りを挟んで農業資材専門店が立ち並ぶ地区がある。ここに来れば農業に必要な資材や情報が手に入る。
日本は殆ど総合店化しているが、ここは肥料、農薬(葉面散布材を含む)、種苗、ハウス資材等専門店化している。

肥料店

【肥料店】

複合肥料を中心に多種類の肥料が積まれている。売れ筋は化成複合肥料(15-15-15)。
単肥は尿素、硫安、硝安、過石、硫酸加里など日本でもお馴染みの肥料が売られている。参考に尿素の店頭販売価格を聞いたが、50kg入りで1.500円(30円/kg)

有機20%の有機化成肥料

ハウス用では有機20%の有機化成(15-15-10)が売れ筋という。
店頭価格は40kg入り約1.800円(45円/kg)
日本基準で考えると上記保証成分で有機質20%は難しい。有機表示基準が異なると思うので内容について聞いてみたが明確な回答は得られなかった。農民は今の所、このクラスで満足しているのだろう。

農薬店

【農薬店】

農薬、潅水、葉面散布材など固形肥料以外の資材を販売している。
葉面散布材の種類は多く、次から次へと新製品が登場、商品寿命は短いようだ。
農民は目に見える効果が確認出来れば使い続けるが、良く解らない場合はクレームが付く場合があると言う。効果が出るかどうかは色々な条件が絡むので気軽に奨められないという。
義理人情社会だから、クレームが付けば将来の取引を考えて、説明に納得が得られない時は返品、返金に応じるのが商習慣という。
一般農民は基本的な土作りよりも、楽でコストの安い「魔法?の葉面散布剤」を求めているのは日本とあまり変わらない。

葉面散布材

画像は葉面散布材の売れ筋商品。
国内、海外を問わず、この分野への参入はにぎやかだ。目を引いたのはEU(特にドイツ)製品。合弁企業が現地の状況に合わせてきめ細かく対応している。
ハウス栽培では殆どが背負い式の手動噴霧器で、15㍑タンクに対応した原液を小分け包装している。いわゆる「バカチョン式」で濃度など計算しなくても誰でも散布できる。

種苗店

【種苗店】

この店は家族経営で、昔の日本の種屋さんと同じ雰囲気。タネ以外の商品は置いていない。
信用第一の商売にふさわしい、いかにも人柄の良さそうなご夫婦が、丁寧に対応してくれた。

種苗店胡瓜

この店の売れ筋商品は胡瓜とサヤインゲン。
大産地で、播種シーズンになると莫大な数量が動くという。

◆コメントする





サイト管理者|日本マックランド株式会社
メール相談はこちらからどうぞ!|農産物の栽培・生産方法から流通、販売に至るまであなたの真剣なご相談歓迎します。