• いい野菜.comのトップページ
  • 私たちについて
  • 土の食養生
  • 作物別実例
  • 農業資材
  • 作物・生産者情報
  • 農業経営実例
ブログ
ホーム > ブログ > 着々進む農業への企業参入(続)

着々進む農業への企業参入(続)

先週(514日号)、企業参入の記事を書いた。今日の日経新聞朝刊一面で「外食農業参入広がる」「自社生産で安全性確保」という見出しで調査記事が掲載された。

外食企業の2009年度決算は景気低迷で売り上げ上位100社中62社が前年度実績を下回った。このため自社農場生産による安全性のアピールと更なるコスト削減に向けて農業参入が実行段階に入っている。調査結果では232社中、既に参入済みが9.0%、参入を検討が10.3%で合計20%弱と関心が高い。競争力強化のため先行他社に追従せざるを得ない場面も想定され、流れが大きく変わる可能性もある。生産者の高齢化で供給が不安定化する中、外食企業が生命線である食材の安定供給=自社生産に走るのは当然の成り行きかも知れない。

自社生産の形はいろいろ考えられるが、畜産製品の例を見ても最終的には契約栽培ではなく自社農場経営という形になるだろう。農家戸数減少は既存生産者には追い風だが、一方で企業参入という脅威に晒されることになる。

ただ、企業と言えども一筋縄では行かないのが農業であるから、日々、お互いに切磋琢磨し、競争力強化を心掛けたい。

 

 

◆コメントする





サイト管理者|日本マックランド株式会社
メール相談はこちらからどうぞ!|農産物の栽培・生産方法から流通、販売に至るまであなたの真剣なご相談歓迎します。