• いい野菜.comのトップページ
  • 私たちについて
  • 土の食養生
  • 作物別実例
  • 農業資材
  • 作物・生産者情報
  • 農業経営実例
ブログ
ホーム > ブログ > 野菜高騰下の大手量販店「安売り」に違和感

野菜高騰下の大手量販店「安売り」に違和感

大型連休に入ってやっと天候が回復してきた。長期間の日照不足で根が弱っているから生育は急速には回復出来ず、相場は高値が続いている。424日の日経新聞夕刊はトップで「野菜高騰 売れ筋変化」と報じた。生鮮野菜が高いため冷凍野菜や野菜ジュースが人気と書いている。一方で、大手量販店が一斉に特売に走り出したと書いている。数日前のラジオ番組でこの種のニュースが流され、早速ブログに書いてアップした。夕方のニュースで各局の内容が微妙に異なり事実確認のため一旦、削除したので書き直す。

さて、書きたかったことは、天候により収穫量が減少し、高値相場が続くと必ずこの手の「高騰下の特売商法」が登場する。私も消費者の一員、自由競争だから安売りは否定しない。しかし、生産者の心中は複雑である。

天候不順の年は、余分な手間や資材費をかけて一生懸命管理しても大幅減収は避けられない。当然、出荷量が減り相場(平均単価)は平年より44%も高いと報道されている。日照不足と気温が乱高下すると、生育遅れのみならず病気や生理障害が発生しやすくなる。一昔前ならば農薬をこまめに散布して被害を最小限に抑えることが出来た。しかし、今は安全性第一、農薬の種類、散布濃度、時期、カウント(回数)が厳格に決められ、栽培管理履歴をキチンと記入するよう義務付けられている。防除基準を守ると病気が発生して収穫減になる場合もあるから農薬にカウントされない葉面散布材(活力材)などで対応する。農薬散布回数が慣行比の半分以下に制限されている特別栽培は尚更、発病リスクが伴う。

熊本でミニトマトを特別栽培している生産者グループは、年明けからの天候不順を何とか凌いできたが、先々週から一部の生産者に葉カビ病が多発した。本来ならば6月中旬まで収穫する予定だったが見切りを付け、泣く泣く切り倒した。大幅な減収が続いていた上にこの事態で万事休すである。彼らは量販店や生協と値決め契約しているので、収量減は自分の責任、仕方ないと割り切れる。市場が暴落しても同じ単価で買ってもらえるからである。

相場次第の大多数市場出荷者は、収量減を価格上昇で補う。しかし今年の様な大減収でまともに出荷できる商品が激減した場合は高値でも全く追いつかない。長期で収穫する果菜類(トマト、胡瓜、ピーマンなど)は病気が出て暫く収穫出来ない事態となれば深刻である。

例え少量しか取れなくても今の様な高値があれば、生産者は本能的にやる気が起こり、頑張れる。だから農業を続けられる。

しかしである・・・

リスクにまみれて黙々と働いている農家の感情を逆撫でするのが、高騰時に登場する大手量販店の「特売」いや「安売り」である。サプライズは「生活者の味方」。実態は自ら傷つかない弱者(業者、生産者)押しつけにはなっていないだろうか。「高すぎて売れないから特売」と言うが、市場のメカニズムから言えば高いと感じ需要が減れば相場は自然と下がる。何もマーケットを支配している大手量販店が、品不足で騒いでいる時に、ここぞとばかりいい顔をして「安売り」するのは如何なものであろうか。安売りする方は例え野菜で利益が取れなくても客寄せすれば他の商品が売れるからダメージは少ない。問題が生じるのはそれしかない商売道具の数量不足で汲々としている業者、生産者である。

契約産地云々と言うが、どういうメカニズムで「不足時の安売り」が罷り通るのかの詳細は解らない。勿論、日本を代表する立派な企業であり、種々の事情を考慮してのイベントとは思いたいが、中小を含めて全体に与える影響は大きい。苦境に喘ぐ農家に希望を与え、育てようと努力している者として大きな違和感を感じる。

天候が回復して潤沢に出回る頃には、相場急落の恐怖が待っている。消費減時代に沢山取れたからと言って「安売り」かけても必要量以上は売れないことは証明済みだ。

自給率向上などと立派なお題目を唱えるよりも、農業人が納得して頑張れる心遣いの方が先である。

 

◆コメントする





サイト管理者|日本マックランド株式会社
メール相談はこちらからどうぞ!|農産物の栽培・生産方法から流通、販売に至るまであなたの真剣なご相談歓迎します。