• いい野菜.comのトップページ
  • 私たちについて
  • 土の食養生
  • 作物別実例
  • 農業資材
  • 作物・生産者情報
  • 農業経営実例
ブログ
ホーム > ブログ > Facebook ダイジェスト版①1月11日(金)

Facebook ダイジェスト版①1月11日(金)

平成25年1月から、当サイトブログをFacebookに移しました。FBは一定期間が経過すると過去の投稿が閲覧出来なくなるので、「食・農業関連記事」を抜粋して当サイトブログに再アップします。

◆パリ・レストラン・コンサルタント協会

夕方、パリ・レストラン・コンサルタント協会を表敬訪問。会長のNさんに協会の役割などをを聞いた。
この協会は主に個人レストランのオーナ^ー、シェフ、食材関係者、調理器具や食器、調理服、レストラン関係出版社などレストランに関わる人達が加盟している。
協会で認定した商品が店頭に並べられ、管理している。
買い取りではなく、売れたら一定の手数料を支払うシステム。生産者直売なので。三つ星レストランで使われている高級食材も安く入手出来、人気が高いという。
ただし、殆ど瓶、缶詰、ドライ製品などの貯蔵品。

パリ・レストラン・コンサルタント協会 パリ・レストラン・コンサルタント協会会長のNさん

◆食材勉強会

パリにある世界最大級食品流通基地「ランジス」については昨年、詳細をレポートした。

今夜は三つ星レストランなど高級食品卸会社「DERAS」社
http://www.ledelas.fr/ledelas.php#!Vue=defaultPage
にシェフ達約30名が参加して食材の勉強会。D社はランジス食品流通基地内で肉、魚、野菜、乳製品、穀物、調味料・・・約15.000種類の食品を扱っている最大手。広大な建物全体が冷蔵施設で、世界中から送られてきた商品が所狭しと並んでいる。
D社の強みは多様なネットワークで集めた豊富な食材と24時間対応。つまり、レストランで必要な商品は少量でもいつでもここですべてが揃う。
オルリー空港が近いので国内、EU内はもとより、世界に対応可能である。

高級食品卸会社「DERAS」社
パリの生鮮品は袋かトレイでパック

野菜は生鮮、冷凍、ピューレなど使用目的に応じてすべて揃う。生鮮品は袋かトレイでパックしてあり、鮮度保持もしっかり管理されている。

パリ食材勉強会

勉強会は皆さんがリラックスしていた。ここはまさに職人の領域、みんなが仲間の雰囲気。食用花を取り扱っているという参加者に「日本には食用の花はどんなモノがありの・・・」と聞かれた。独自の食用花は菊、穂紫蘇くらいしか思い当たらず、多くは西洋から伝えられたモノと説明した。

パリ食材勉強会でオードブルの盛り合わせ メインディシュの鴨肉のロースト

シェフ達の集まりだから食事は付きもの。写真はオードブルの盛り合わせ。厳選したという白ワインを頂いたがとても美味しかった。メインディシュは鴨肉のロースト、デザートも出て、満腹・・・兎に角、フランス人は大食漢。

サイト管理者|日本マックランド株式会社
メール相談はこちらからどうぞ!|農産物の栽培・生産方法から流通、販売に至るまであなたの真剣なご相談歓迎します。