• いい野菜.comのトップページ
  • 私たちについて
  • 土の食養生
  • 作物別実例
  • 農業資材
  • 作物・生産者情報
  • 農業経営実例
ブログ
ホーム > ブログ > (2013)作物別 資材の使い方ポイント

(2013)作物別 資材の使い方ポイント

 

今年もそろそろ春の準備が始まった。昨年はハウスはともかく、露地野菜は全般的に厳しい結果に終わった。「何を作ったらよいのか・・・」農家の迷いは尽きないが、自然の恵みで農業をしている以上、何を作っても当たり外れは付きものでいくら考えても結論は出てこない。あるとすれば、消費者が「美味しい!また食べたい」と感じて頂けるモノを作ればいい。「美味しい農産物」を作ることが基本中の基本である。残念ながらこの基本が、育種や栽培法の段階から耐病性や収量性など生産者の利益中心に傾き、消費を冷やしている面がある。需要縮小時代に入り、「食べ物の価値・魅力」を高め、お金を使って頂ける様に努力しなければならない。そのようなコンセプトで栽培している生産者の経営は比較的安定している。

 

「おいしい農産物」を作るポイントは、言うまでもなく「品種」「土作り」「管理」である!

 

果菜類

■土作り(反当)

多種多様な養分と菌体を含んだ基本2資材で簡単土作り、施肥!

★根づくり名人・・・基準10袋(抑制等短期栽培は減量可)

★スーパーランド673または743・・・6~10

原則として、堆肥、他の資材は不要。特別不足している成分はミネラルP2~3袋併用する。

 

■葉面散布

「★ネマコートS(多機能総合管理資材)

育苗時から収穫終了前まで約1週間毎に1000倍液を葉面散布します。

酵素の力で植物生理を活性化し、強力な発根、花芽充実、開花、着果、肥大、成熟などが順調に進みます。日照不足、病害虫発生などストレスがかかった場合は500倍で散布します。

通期定期散布は、安定生産資材として高い評価を頂いております。コストは1000倍希釈液1㍑当たり2.6円位で、農薬に混合可能です。

毎年トラブルが発生しやすい方は、是非、お試し下さい。

 

★タマノビール

メロン、スイカ、胡瓜、茄子、ピーマン、イチゴなどの果実肥大に500倍液で葉面散布します。

特に、日照不足時の肥大サポートにおすすめします。葉菜類にも公的です。

 

アマミアップ[AM55

メロン、スイカ、イチゴ、トマトなどの糖度改善サポートに使われているイオン化カルシウム資材。

 

■追肥潅水

★フィッシュソリブルS

窒素6%の動物性有機。

★いそしおにがり

苦土、石灰、加里、その他微量要素を含む潅水資材

 

 

露地野菜

■土作り(反当)

★畑のおかず(464)

品質向上と地力維持に反当5袋基準に散布し、化学肥料を併用します。

★ミネラルPK・エキスパートPK

硫安や尿素などの窒素単肥と組み合わせて、高品質、低コスト栽培が可能です。

 

■葉面散布

★海藻元気

人参など除草剤に1000倍で混用(ダメージ軽減)

 

水稲・麦ほか穀物類

★ミネラルPK・エキスパートPK

反当2~3袋を施用します。品質や収量の改善が期待できます。

 

詳細はお問い合わせください。

 

◆コメントする





サイト管理者|日本マックランド株式会社
メール相談はこちらからどうぞ!|農産物の栽培・生産方法から流通、販売に至るまであなたの真剣なご相談歓迎します。