• いい野菜.comのトップページ
  • 私たちについて
  • 土の食養生
  • 作物別実例
  • 農業資材
  • 作物・生産者情報
  • 農業経営実例
処方箋の提示例
ホーム > 精密土壌診断 > 処方箋の提示例

処方箋の提示例

準備

  • 罹病株は病原菌の蔓延を避けるため、必ず引き抜いて焼却して下さい。
  • ハウス外周辺土壌は雑草を引き抜き焼却し、ネマコートM 500倍液をたっぷり散布します。

土作り・施肥・生育管理

土壌線虫、有害菌、ウィルスを媒介するアブラムシ、ダニ類の駆除、雑草駆除、バランスのとれた養分補給。
1.10a当たり下記の資材を散布し、鍬込みます。
目的
資材名
数量
PH矯正・堆肥・微量要素
12袋
2.4
11
4.8
根圏環境改善
10袋
肥料
10袋
12
14
6
合計
32袋
14
25
10

2. 太陽熱消毒後、ネマコートM 500倍液を10a当たり1000リットル土壌散布します。線虫や病気の被害の多かった区域は、上記を3日おきに2~3回繰り返し行います。
(太陽熱消毒が出来ない場合は、農薬を併用して下さい)
3. 更に5~7日後、ネマコートS1000倍液を1000リットル土壌散布して定植します。
4. 生育中1~2週間隔でネマコートS1000倍液を株元、葉面 散布
(農薬混合可)
5. 病害虫の多発時期はネマコートM 1000倍液を併用します。
6. 定期散布により、発根、光合成促進、バランスの良い養分吸収を確保し、健全生育、成熟促進、糖度アップ、秀品率向上、病害虫軽減などにつながって行きます。
7. 追肥はバランスを崩しやすい液肥を控え、3段目着果 前、早めに畦脇に穴肥します。以降、4週間に1回程度を目安にスーパーランドを穴肥します。
(10a当たり約60kg)
サイト管理者|日本マックランド株式会社
メール相談はこちらからどうぞ!|農産物の栽培・生産方法から流通、販売に至るまであなたの真剣なご相談歓迎します。
Googleサイト内検索
  • 精密土壌診断のトップ
  • 精密土壌検査成績書
  • 検査結果
  • 処方箋の提示
  • 精密土壌診断申込書
私たちが自信をもっておすすめするとびっきり美味しい野菜・果物のオリジナルブランド
現在、そしてこれからの日本の農業と食を考える。